後悔しない不動産売却

大手不動産会社に依頼したはいいが、対応がいまひとつだった。 REINSの登録証明書が一向に送られてこない。 物件情報が本当に広がっているのか不安。 こんなお悩みありませんか?

即座にREINSへ登録。

REINSとは、不動産会社が物件情報を共有するネットワークシステムのことです。ほぼ全ての不動産会社は、REINSから取得した情報をもとにお客様へ物件情報を提供しています。いわば不動産市場の心臓です。通常、専任媒介契約にて売却依頼を受けた不動産会社は、7営業日以内に登録をすることが義務付けられています。

言い換えると即日登録も可能ですが、多くの不動産会社ではなるべく期限ギリギリまで登録をしません。人気物件であるほどです。 期限を過ぎても登録しない会社もあり、たまに処分を受けています。また、違反ではないものの悪質な手法としては、データ登録自体は行い、図面(チラシ)を登録しないケースがあります。登録しない・紹介しないことを「囲い込み」と言います。

囲い込みの主な理由は、データや図面を登録しないことで、他社が紹介しづらく(できなく)して他社の介入を排除をし、両手仲介(双方から報酬をいただく)での成約を狙うためですが、これでは売主様の利益に繋がらないどころか、チャンスを逃すことになりかねません。

当社では、両手仲介を前提としていないため、間取り図作成・建物検査完了などの準備が整い次第、即座にREINSへ登録いたします。

片手仲介の基本姿勢。

前項で「当社は両手仲介を前提としていない」と説明させていただきましたが、それは一体なぜでしょうか。報酬の多いほうがやる気が出るのではないでしょうか。

もちろん、報酬が多ければ当社としてはありがたい限りですが、両手仲介では売主様の利益を最大化できたと言えるのでしょうか。

答えはNoです。なぜなら、契約の当事者の利益は相反するためです。砕いて表現すると、売主は1円でも高く売却。買主は1円でも安く購入。したいのが当然です。 両手仲介では、両者の要望をヒアリングできるといった長所はありますが、どちらか一方の肩を持つことしか出来ません。

当社は、片手仲介でも事業が継続できるように、お客様に影響しない部分のコスト削減などを徹底しています。

早く・高く売るために。

このページでは、不動産の市場・仕組みを書かせていただきました。
早く・高く売るためには、多くの不動産会社に協力してもらい、より多くの購入検討者に周知することが大切です。

一つの不動産会社がどれだけ顧客を抱えていたとしても、世にある不動産会社の数には到底及びません。
実は不動産会社の数は、コンビニの倍以上あるのです。

売主様を自分自身に置き換えて考え、100%売主様の仕事を全うするのが当社の方針です。