ネット社会への対応力

インターネットが普及した現代では、 キャッチコピー・写真・情報のクオリティが大切です。 長所だけを訴求する従来の小手先テクニックは、 購入検討者に逆効果となります。

適切なキャッチコピー。

目に見えない部分や写真では伝わりづらい部分を記載します。
ありきたりのメッセージではなく、
購入検討者の目にとまるアピール文言を適度に入れていきます。
長所ばかりでは不信感が募るため、バランスが大切です。

美しい青空の写真。

売主様のご都合にあわせて、
青空と雲のバランスが一番良い日に撮影を行います。
室内でも明るさを上げすぎずに自然な写真を撮影。
写真の撮り方ひとつで、お問い合わせの数はグンと変わります。
天候によっては外観と室内を別日に撮影することも。

閲覧数を細かく分析。

不動産流通機構内における不動産会社の引き合い数はもちろん、
購入検討者が売却不動産に興味を示しているか、
検索・閲覧・お気に入りなどの数値を細かく分析いたします。

市場のニーズをしっかりと把握することで、
無駄の少ないスムーズな売却活動を行うことができます。
価格改定日を前もって決めておくことも方法のひとつですが、
データ分析を基に行う改定はとても有効な方法と言えます。

お問い合わせはこちらから

新たな方法を試しましょう。

不動産を売却するか悩んでいる方、 いまの売却がうまく進んでいない方、 一度当社の方法を試してみませんか? あっ!という発見があるかもしれません。

無料で相談する

LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!