営業開始から半年のレポートです

こんにちは。
まだまだ暑い日も多いですが、今年もあと3ヶ月か..。と少し寂しい気持ちです。

さて「もっと人のためになる仕事したいな~」という思いつきで始めたこの仕事。「厳しい世界だから2~3ヶ月で会社たたむことになるかな」と考えていたのですが、半年以上続いてしまいました。

半年間の振り返り

ということで、半年間を振り返りたいと思います。興味のない方はそっと閉じてください。笑

2月(会社設立)

人生で初めて会社を作りました。
宅建業法上は、法人格を有していなくても良いのですが、個人だと厄介なことが多そうでした。会社設立以外は、特に何もしていないので、ノーカウント。

3月(主にホームページ作り)

今の時代はまずホームページがないとダメでしょう。と言うことで作りました。
多くの不動産会社はプロに依頼をしていますが、そんなお金ないので自前です。
費用面もそうですが、細かいデザインをすぐにいじれるのが良いです。

営業活動としては、 REINSも開けなければ、免許がないので宅建業を営むと違反になってしまう。業者さんやお客様の話を聞く程度。

4月~9月(営業開始)

結果的に売買と賃貸あわせて何件か不動産のお手伝いが出来て、無名の個人事務所のわりには良かったのだと思います。
不動産相談を希望している方を紹介してくれる知人がいて、ひとつの生命線になっています。感謝です。

驚くべき共通点

お客様のお話を聞くと驚くべき共通点がありました。全員ではなく数人ですけど..。

買わずによかった

私とお話をする前に「買う寸前まで行った」だとか「おすすめされて買うか悩んだ物件がある」という方が思いのほか多かったです。
そして共通した言葉が「何も知らなかったのであの時買わずに良かったです。」です。

私の考え方や思い

こんなチラシ裏みたいな仕方ないブログで何かを唱えようとか一切考えていないのですけど、結局不動産屋さんも建築会社さんも「利益のために仕事してる」んですよね。
お客様が将来被るであろうデメリットやリスクを伝えていない。
だから「買わずによかった」にたどり着く。
売れればいいや建てられればいいや精神です。

こういうことを言ったり書くと「は?何言ってんのお前。お前の会社は利益いらねーのかよ」と言われるのですが、私の会社の目的は「社会的な役割を果たす」ことです。

社会的な役割って言うと大げさに聞こえるので、ピンポイントで言うと「お客様に良い悪いの判断材料をしっかり提供してじっくりと考えて決断してもらう。」ですね。
不動産業界は昔から「怖い」とか「騙される」というイメージがあるので、これを継続的に提供してより良い業界にしていきたいです。
そんな力はないのですが(自虐ですみません)。

壁にぶち当たる

最初はそれこそ「仲介手数料無料」とかでやっちゃおうと思っていたのですが、やはり周囲の目やお付き合いもあるので、ちょっと控えめに宣伝していました。

宣伝は控えめですが、ご相談いただいたお客様には相応の還元をさせてもらったので、結果的に集客や利益率が良い数値ではなくて、今後の課題になっています。

決算まであと2ヶ月

一応…?私の会社の決算は12月になっています。
不動産仲介がメインなので、仕入れにお金はかからないのですが、思いのほか経費がかかっているので多少の赤字になるかなと予想です。
今のところ融資を受けるつもりもないので、赤字で終了したほうが良いのかな。

ご相談いただいたお客様ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!

以上報告でした。

LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!