土地の向き・建物の配置・間取りについてメリットとデメリットをわかりやすく解説します

今回は、南道路・北道路・東道路・西道路など、土地や道路の向きによるメリットやデメリット、接道とは何か、建物の配置についてわかりやすく解説します。各方位の長所と短所を土地形状の異なるイラストを交えて解説しております。

接道とは

接道とは、その土地が接している道路のことです。
土地の価値は、その土地が接している道路の方位と幅員によって大きく左右されます。土地の形状と接している長さ(間口)も大切です。

接道義務や接道要件など建築基準法に関するワードもありますが、今回は接道方向(接道方位)について解説していきます。

イラストは配置のイメージです。形状や規模によって理想の配置は異なります。

南道路の土地

まずは、人気の南道路についてです。

不動産の土地と建物の配置 南道路のイラスト

メリット

  • 道路上に障害物がないため日当たり風通しが良い。
  • 窓を開けた先は道路なので開放感がある。
  • 失敗しにくい。

デメリット

  • プライベートゾーンを作りづらい。
  • 通行人などの目線が気になる。
  • 価格が高い。

まとめ

南道路は開放感があり、日当たりや風通しに優れています。
一方で、その日を採りこむためには南側に窓を設ける必要があり、通行人などの目線が気になるといったデメリットもあります。

プライベートゾーンを作るためには、駐車場や間取りで工夫を凝らすか、エクステリア(目隠しフェンスなど)にお金をかける必要があります。

ところで、間口の狭い土地だったり玄関を南側に持ってきたりすると窓が一枚しかとれず、予想以上に明るい時間が短かったりしますので気をつけたいところです。

ガーデニングが好きな方、玄関までのアプローチを作りたい方や道路からのお家の見た目をかっこよく作りたい方は南道路がおすすめです。

北道路の土地

敬遠されがちな北道路についてです。

不動産の土地と建物の配置 北道路のイラスト

メリット

  • プライベートゾーン、お庭を作りやすい。
  • 他の目線が気にならない。
  • 南道路と比較して価格が安い。

デメリット

  • 土地の南北の長さがある程度必要になる。
  • 地域や面積にもよるが冬は日がとりづらい。
  • 道路から見たお家の顔は窓が少なく、どこか寂しい。

まとめ

物件の資料を見ただけで敬遠される方も多い北道路ですが、南道路よりも安いことが多いので、しっかりと見ていけばとても良い買い物が出来ます。

プライベートゾーンを作りやすいので、お庭にプールを出して遊んだり、リビングで過ごす時間が長いご家庭には特におすすめです。

南側にスペースをとるため、建物をできるだけ道路側に寄せたいです。その結果、土地の南北の長さや土地形状によっては駐車スペースをうまく確保できないことがあるので、気をつけたいところです。

お家の南側にどれくらいのスペースが必要かは、南側の建物や用途地域によるのですが、4mは必要となるでしょう。

東道路・西道路の土地

最後に東道路と西道路についてです。

不動産の土地と建物の配置 東道路のイラスト

メリット

  • 東西に長いお家を作りやすい。
  • 建物・エクステリアのバリエーションが豊富。
  • 東道路なら朝日を活かした間取りを作れる。
不動産の土地と建物の配置 西道路のイラスト

デメリット

  • 北道路と同様に、南北の長さがある程度必要。
  • バリエーションが豊富ゆえに設計が明暗を分ける。
  • 西道路の場合は西日を考慮する必要がある。

まとめ

東道路の場合は、たとえ南側が塞がっていたとしても、朝日を活用した明るいお家を設計することが可能です。一方で西道路の場合は、西日を考慮した設計が必要です。冬は暖かく良いですが、夏は出来るだけ避けたいところです。

東道路と西道路は、土地の規模によるのですが、建物・庭・駐車スペースの配置のバリエーションがたくさんあります。
細長いイラストでは、庭を道路と反対側に持ってきていますが、建物の南側に持ってくることも可能です。

東道路と西道路は、バリエーションが多い分、自分たちの要望をしっかりと伝えることが大切です。

まとめ

それぞれの道路には長所と短所があります。
新築建売・注文住宅、どちらでも大切なことは「南道路が良い」などの一般論ではなく、自分たちの理想がどういったものか、大まかに固めておくことです。

土地をぱっと見て「どんな間取りが入ってどれくらい庭先が取れるのか」すぐに想像できる方は少ないはずですから、買い逃さないためにも、失敗しないためにも頭の中でイメージを膨らましておきましょう。

楽しいマイホーム探しを!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!