藤沢市の盛土造成地マップが公開されていた

おはようございます!
調べたい不動産がありましたので、先日市役所へ行ってまいりました。
法人立ち上げに伴い、ご無沙汰でしたからどこか懐かしい気分でした。

新年度で異動?

不動産調査は色々な課をまわるので、市役所の色々な方とお会いします。
さすがに全ての方はわからないのですが、一度対応してくださった方のお顔は覚えています。優しい方も厳しい方もいらっしゃるので!

・・・先日は残念なことがありました。
いつもそこに座っているはずの、対応の良い可愛らしい女性がいなくなっていたのです。言わばオアシスのような。

壁に見慣れない資料

とある課の壁に見慣れない資料が貼ってありました。
目を凝らすとそこには「大規模盛土造成地マップ」の文字が。

藤沢市の大規模盛土造成地マップ

こういった感じの資料です。
細かいデータは市のホームページか市役所で確認できます。
調べると去年の秋ごろに公表されたようで。大変お恥ずかしい。

必ずしも危険な場所ではない

市によれば、この緑や紫で示された場所=必ずしも危険な場所ではないそうです。公表目的は、造成地は身近な場所に存在するもので~、防災意識を高めて~、なるほど!知っておいてね~ということですね。

該当箇所

大規模盛土造成地に該当するケース

画像は国土交通省ホームページより。

該当するケースは上の2つです。
湘南台や大庭などの区画整理で造られた街は谷埋めが多く、山の端にちょい足しするときは腹付けですね。

告知義務はない

宅地建物取引業法に定める35条書面(重要事項説明書)の説明事項ではありません。したがって、気になる場合はご自身で調べる必要があります。
ただ繰り返しになりますが、必ずしも危険な場所ではないと書かれているので、意思決定を左右するほどのものではないのかな~と。人それぞれです。

知っておいて損はない

何についても言えることですが、情報は知っておいて損はありません。
ご自宅をお持ちの方は自宅所在地を、ご購入を検討中の方は検討エリアを見てみるとよいかもしれません。ご参考までに。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!