頭金とローンのからくり

頭金は多ければ良いと思っていたら、黄色信号です。 お客様一人ひとり、適正金額は異なります。 かしこく借りて、かしこく返済していきます。 損しないための重要なステップです。

キャッシュ投入

住宅ローンを利用すれば
年収7倍前後のマイホームを手に入れることができる時代。
夢のマイホームのため。
と貯めてきたお金を使う機会がやってきます。
しかしこの自己資金(頭金)もしっかりと計算が必要です。
キャッシュ投入

頭金と借入のバランスを考えましょう。

一般には「頭金は多いほうがいいです。」と説明を受けるケースが多いです。
たしかに住宅ローンの借入条件をよくすることだけを考えれば正しいと言えます。
しかし色々考えると一概にそうと言えません。
では実際どれくらいキャッシュを投入すればよいのでしょうか。

色々な要素で構成されている。

住宅ローン控除、団体信用生命保険、
臨時の支出などなど。
10年間で借入金額の10%を上限に税金が戻ってくる住宅ローン控除。
万が一の事故や疾病の際にとても頼りになる団体信用生命保険。
ご旅行、冠婚葬祭、細々とした費用、実は結構あります。
極端な例ですが、頭金1,000万円と400万円では、
団信適用のときに500万円ほど貯金に差ができます。
物件や条件によっても異なりますが、利用できるものはうまく利用しましょう。

諸経費分を出せるとプラスに。

日本では住宅ローンは主に借りる方の人間的部分で審査されます。
したがって審査結果は千差万別。全てのケースで正しいとは言えませんが、
諸経費分を投入することで良い条件で借りることができます。
金融機関やケースによっては2割程度必要の場合がありますが、
一方で条件次第では自己資金ゼロでも良い条件を獲得できます。

住宅ローン

住宅ローンの決め手は金利だけではありません。
利用しやすさ、団体信用生命保険の適用条件や特典、
リスクなどを総合的に考える必要があります。
住宅ローン

それぞれの良さ。

最近はネット銀行も徐々に増えつつあるようですが、
まだまだ店舗型で借りているお客様が多いように感じます。
一部を除いて、ネット銀行は審査に時間を要するため、
融資が間に合わないなどの理由で利用されないことが多いのです。
しかし、仮に良い条件で借りることができるならぜひ利用したいもの。
そこで当社は、ネット銀行も十分にご検討いただける仕組みを作りました。
もちろん、ネット銀行より店舗型の条件が優れているケースも多々あります。

団信の適用条件と特典を知る。

万が一の際に助けとなってくれる心強い味方。
実は同じ団信でも適用条件が金融機関によって異なります。
A銀行は診断をもって団信適用・B銀行は診断から1年間就業不能で団信適用。
ところが売買契約後は、こうした比較をしている時間は全くありません。
最近では、金利の上乗せなしで3大疾病や特典がついている金融機関もあります。
早い段階からお客様が希望される金融機関の団信条件を比較することが大切です。

比較検討したい!そんな方はお気軽にお問い合わせください。

物件価格よりも大事なこと

すでに承認を得ている方、まだ審査前の方、 契約後に資料を見返して後悔しないために。 お客様の利益を徹底追求する提案。 住宅ローンのご相談はぜひ当社へ。

無料で相談する
LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!