団信×生命保険の調整

生命保険の見直しは、住宅購入前に行いましょう。 団信と生命保険は、切っても切り離せません。 購入前に知っておきたい、 団信と生命保険の関係性についてお話します。

保険と団信

住宅ローンを組んでいて万が一のことがあった際、
団体信用生命保険が適用されれば残債はなくなります。
賃貸の場合、万が一の際は退去しなくてはなりませんが、
不動産を所有しているとこうしたメリットがあります。
保険と団信

そもそも生命保険って。

人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険です。
減らすことはできても、事故や疾病のリスクを完全になくすことは不可能です。
こうしたリスクに備えるため、日本では80%超の方が生命保険に加入しています。

団信とはどんな役割なのでしょう。

正式には団体信用生命保険と言います。
フラット35を除く民間金融機関の多くでは、団信への加入が必須条件です。
死亡や高度障害となった際、保険会社が代わりとなって残債が清算されます。
通常団信の保険料は金融機関が負担する仕組みで、
3大疾病、8大疾病や介護保障などは、金利へ上乗せされます。

契約前に見直しをおすすめします。

おすすめは物件探しの初期段階で見直しです。
多くのお客様は、毎月の支払額からご予算計画をたてていきます。
このとき、団信と重複してしまわない様に保険の内容をチェックします。
チェックすることで無駄な保険料を減らし、ご予算を伸ばすこともできます。
さらに、3大疾病等に対する保険へ加入しているお客様の場合は、
住宅ローンの団信で3大疾病の特約を付すか、保険を継続するか、
しっかりと比較検討することでキャッシュアウトの更なる削減が可能です。

比較検討したい! そんな方はお気軽にお問い合わせください。

時間があるうちに見直しを

一世一代のお買い物で後悔しないために。 時間があるうちにサッと知識を磨きましょう。 比較検討するだけでも、必ず役立ちます。 保険に加入されていない方もお気軽に。

無料で相談する
LINEで気軽にかんたん不動産相談できます!